This website is best viewed in minimum 1210px X 520px

偉業と発明の地

現代社会において人々が享受し、当たり前だとさえ考えるものの多くは、極めて高度な古代エジプト文明を基に築かれています。どのようにして発見にたどり着いたかは必ずしも明らかではありませんが、この古代の民族が真剣かつ勤勉に知識を追求していたことは疑いようもなく、結果として、彼らの生活水準は大きく向上しました。

エジプト人がパピルス紙に記した象徴的な2つの手稿により、「白く完璧な歯」の秘訣の記録と歯を「磨く方法」の手引書が人類に初めてもたらされました。さらに、これらの原稿には歯磨き粉の発明も伴いました。これに加え、科学で「口臭」の病気を治療できなかった時代に、古代エジプト人は最初のブレスミントさえも発明しました。

美しさは、この古代社会において当然ながら真の関心事であり、今日と同様に、しばしば身分や権力の象徴となりました。この強い関心が、現在でも存在しないような高度な「技術」の生成につながりました。古代エジプトでは女性も男性も、ミルラの芳香水をふんだんに含んだ美容コンディショナーを髪につけていたことを知ったら驚くのではないでしょうか。太陽の熱で気温が上昇すると、コンディショナーは頭で溶けて自然なヘアコンディショナーの役割を果たしました。これが美しさの次なるレベルでなければ、何がそうなのでしょう。

それでもまだ感動していない方は、自宅で安全に心地よく眠っているときに、世界初のドアロックを発明した古代エジプト人に感謝の祈りをささげてみるのがいいかもしれません。