観光資源

ゲイヤー・アンダーソン博物館

カイロ、イスラム地区に行くならぜひ立ち寄ってほしいのが、ゲイヤー・アンダーソン博物館です。アル・キリトリイヤ(1632年築)とアムナ・ベント・サリーム(1540年築)の2つの邸宅を美術館に改造したもので、みごとなイスラム建築様式と美術品を鑑賞できます。

この博物館は英国軍医で美術収集家であったジョン・ゲイヤー・アンダーソン少佐により設立されました。1935年から1942年にかけて修復された館内は、アンティークや美術品、家具、ガラス製品、クリスタル、絨毯、絹製品、刺繍が施されたアラブ風の衣装などで美しくあつらえられています。
この博物館では、大理石の噴水やみごとな装飾が施された天井の梁、絨毯敷きのアルコーブといったイスラム特有の建築様式が見られる一方で、タイルの美しいペルシャ風の部屋や漆と金の組み合わせが豪奢なダマスカス風の部屋など異なる様式の展示室があり、さまざまな文化に触れることができます。ここは、映画『007 私を愛したスパイ』のロケに使われたことでも有名です。

開館時間:09:00- 16:00

チケット価格:
一般:35 EGP
学生:20 EGP

10 $

1 時間

9 午前 - 5 午後

ゲイヤー・アンダーソン博物館