This website is best viewed in minimum 1210px X 520px

ワディ・ディグラ

ワディ・ディグラは山々がそびえる東部砂漠から、カイロ南部のナイル渓谷の街マーディまで続く広大な渓谷です。石灰岩に囲まれた渓谷を曲がりくねりながら流れ出た山水は、長い年月をかけて岩を侵食し、天然の芸術作品を作り出しています。ほかにも岩石層や木化石が点在し、無数の化石が眠っているワディ・ディグラ。雨が降ると一時的に植物が生え、逞しい自然の力を見せつけることもしばしば。この地にはオオオナガコウモリ(Rhinopoma hardwickii)が生息する洞窟があり、近年ではドルカスガゼル(Gazella dorcas)やヌビアアイベックス(Capra nubiana)なども目撃されています。
ワディ・ディグラはバードウォッチングやピクニックが楽しめるため、海外からの旅行客はもちろん、カイロ市民にも人気のスポットです。