以前のイベント

王の誕生日を祝福

イベントの詳細

木曜日, 22 02 2018

12:00 午前 - 22 2 12:00 午前

Cairo

1813年、スイスの東洋学者ヨハン・ルートヴィヒ・ブルクハルトは、巨大な神殿の上部のフリーズ部分を発見しました。探検家のベルツォーニは1817年に同じ場所を訪れ、この神殿に入ることに成功しました。この神殿が後に巨大なアブシンベル神殿として世界中に知れ渡ることになります。

アブシンベル神殿を設計した古代の建築家は、王の誕生日と戴冠式の日に太陽が王の顔を照らすような配置にしました。神殿の救済活動の後、この現象は1日ずつずれ、10月22日と2月22日に起こるようになりました。この驚異的な現象を見るために、アスワンや世界各国から人々が夜明けに集まり、そのイベントを祝福します。