アレクサンドリア

「地中海の真珠」と称えられるほど美しいアレクサンドリアの町は、壮大な歴史とモダニズムが交錯する独特の魅力にあふれた町です。今では旧市街はわずかですが、市内にはまだ古風なカフェやギリシャローマ時代のモニュメントなどと共に地中海の雰囲気と古いヨーロッパの邸宅が残っています。アレクサンドリアの見どころは、コム・エル・シュカファのカタコンベ、モンタザやマーモウラの海底遺跡、市内を彩る素晴らしいアートの数々などです。アブ・アル・アッバース・アル・モルシのモスクとコプト教の聖マルコ大聖堂も必見スポットです。

美しく国際色豊かなアレクサンドリアの町は、19世紀の初頭をここで過ごしたイギリス人の小説家E・M・フォースターや19世紀の後半をこの町で送ったギリシャの詩人コン…

「地中海の真珠」と称えられるほど美しいアレクサンドリアの町は、壮大な歴史とモダニズムが交錯する独特の魅力にあふれた町です。今では旧市街はわずかですが、市内にはまだ古風なカフェやギリシャローマ時代のモニュメントなどと共に地中海の雰囲気と古いヨーロッパの邸宅が残っています。アレクサンドリアの見どころは、コム・エル・シュカファのカタコンベ、モンタザやマーモウラの海底遺跡、市内を彩る素晴らしいアートの数々などです。アブ・アル・アッバース・アル・モルシのモスクとコプト教の聖マルコ大聖堂も必見スポットです。

美しく国際色豊かなアレクサンドリアの町は、19世紀の初頭をここで過ごしたイギリス人の小説家E・M・フォースターや19世紀の後半をこの町で送ったギリシャの詩人コンスタンティノス・カヴァフィス、第二次世界大戦中にこの町に住み、アレクサンドリアをモチーフにした本を上梓したロレンス・ダレルなど、海外の多くの作家にも愛されてきました。

アレクサンドリアの海岸線はおよそ70キロ、ナイル川のデルタ地帯北西から東のマリオット湖まで延々と続きます。沿岸には、アブキールや背後に雄大なカイトベイ要塞がそびえる三日月形のイースタンハーバーなど美しい入り江や港が点在しています。
アレクサンドリアのコルニッシュ(海岸通り)は夏でも冬でも楽しめる場所です。ラス・エル・ティンからモンタザにかけての海岸線には、まばゆい白砂の地中海のビーチが広がります。コルニッシュは1930年代に開発され、さらなる開発が1990年初頭に行われました。東のマーモウラから海岸線に沿って伸びるビーチは、アレクサンドリアの西のアガミー・ビーチまで続いています。

旅の日程に余裕があれば、近くのボルグ・エル・アラブ(空港のある場所)やアブ・メナまで足を延ばしてみてください。いずれの町も50キロほどの所に位置しており、さまざまな史跡(アブ・メナ修道院、ボルグ・エル・アラブのローマ時代のネクロポリス) や旅行者向けのリゾート(ヒルトン・ボルグ・エル・アラブ、ゴールデン・ビーチ)があります。

温暖な地中海性気候のアレクサンドリアは、エジプトのどこよりも夏は涼しく、冬は暖かいと言われています。冬の間は雨が多く、気温は10~20度前後、夏は心地よい海風が吹くことで知られ、気温は22~34度前後です。

アレクサンドリア


平均的な気候
°C | °F
(12月~2月) (3月~5月) (6月~8月) (9月~11月)
13°C 55.4°F 19°C 66.2°F 25°C 77°F 22°C 71.6°F