アギーバ、地中海の驚異

追加した日 7 12, 2018

マルサ・マトルーフは古代エジプトの神「アムン」にちなんで「アムニア」と呼ばれていました。マルサ・マトルーフにはアムン神に捧げられた神殿があり、統治時にこの町を建設した、唯一無二の存在であるアレクサンダー大王が頻繁に訪れたということです。

マルサ・マトルーフから西に約24kmの場所には驚異の地、アギーバがあります。アギーバは小さく壮観な入り江であり、ここへ行くには崖の上から続く小道を通る以外にありません。水は目が覚めるような澄んだターコイズ色をしています。夏は多くの人で賑わいますが、それ以外の時期はほぼ無人の状態です。

マルサ・マトルーフの有名なビーチであるアギーバはその素晴らしい景観から、エジプトの人々に「奇跡」と呼ばれています。水が生み出す様々な色合いの青色とカラフルな水底が、文字どおりターコイズ色の宝石を作り上げています。夏のリゾートとしてだけでなく、ただそこに座って景色を眺めるだけでも十分に楽しめます。

このビーチの前には巨大な岩があり、まるでビーチがこの岩を抱きしめているかのようです。人々は、この素晴らしい自然の形状が生み出した影の中を歩きます。

小石が散らばる砂浜や浜辺の浅瀬は非常に美しく、ビーチを訪れる人はその見事な自然の風景を写真に収めます。

アギーバは、エジプト人や外国人がマルサ・マトルーフを訪れる最大の理由の1つです。見事な景色と穏やかな雰囲気が魅力となっており、水の色はダークブルー、ターコイズ、ライトブルーと、とても表情豊か。マルサ・マトルーフの端にあるこの魅力的なビーチは高い山々と転がる岩に囲まれています。白い砂、そして水底の砂や岩が見えるほど澄んだ水も、このビーチの特徴です。

アギーバは、マルサ・マトルーフの楽園です。